念願の街 Venezia

未分類

Firenze→Milano→Venezia ミラノ、、

こんばんは

親知らずを抜いた後の激痛に耐えれない毎日を過ごしてます、、

イタリアの事も忘れかけて、、いや

忘れるはずがない思い出ばかり

残り2日を書きたいと思います。

前日ミラノに入り

早朝からVeneziaに行く事に

心配したホテルからミラノ中央駅の交通手段も朝5時に起き

ホテルでタクシーを呼んでもらいなんの問題もなく到着
もちろん余裕過ぎたので真っ暗

眠たさにガツンとエスプレッソを注入して
Venezia行きの鉄道に乗り込み

2時間半で着いた場所は今までのイタリアとは全く違う光景が広がっていて

感動した

ワクワク感というかなんというか本当に楽しみすぎてこの後起こる出来事の事なんか1ミリも感じなかった、、

早速

ヴァポレットの一日券を購入

まずはガラス職人の島

ムラーノ島に行く事に

ゆったりとした雰囲気のムラーノ島の色は素敵に感じた。

なんか食べたけど名前は忘れた、、

島自体はあまり大きくなく、ぶらっと歩いて周り

ブラーノ島に移動

カラフルな建物でVeneziaといえば皆んなが想像する街はここである

漁師の街で霧が出た時にでも自分の家がわかるようにと色とりどりにしているみたいで、まるで絵本の様な世界

お昼時には戻り

また教えてもらったお店でランチ休憩

Veneziaらしくボンゴレを頼んだけど麺といい味付けといい自分好みで美味しい。

ちょっと奥まった場所にあるけど
オススメのお店
リアルト橋のすぐそば

Taverna Al Remer

意外と歩くと広いVenezia

1日しかないのが本当に残念で

次に行くなら是非一泊したい街である

この日は日曜日で人も多く、平日だとまた違った時間を過ごせたのかもしれないけど

本当に素敵な街だったな。

そして

まさかの展開に、、、