最高の街Veneziaから最悪な展開

未分類

念願の街 Venezia

そう

最高だったVenezia

ムラーノ島→ブラーノ島→ランチ

お腹満たされ景色最高な島

ミラノに帰るのは遅くてもいいかなーなんて思いながら

Veneziaを21時ぐらいに出ようかなーと考えながら

サンタルチア駅に向かい早めにチケット取っておこうと思い、イタロの窓口で遅めのミラノ行きのチケットあるかい?←ぐらいのノリだった。

すると、、

ノー!!!

一瞬

え??

もう一度特急ある?

ないよ!的な

時刻表をみてみると遅い時間がない見たい

なるほどなと思いもう一つの

トレニタリア こちらには人がめっちゃいて窓口も30人待ち、、

時刻表をみると フレッチャロッサ(のぞみみたいな)のがソールドアウト

なんか嫌な予感

待つ事30分

ミラノ行きの特急に乗りたい

答えは

ノー

帰るには止まる駅が多くしかも乗り換え、、
慣れてる土地ならまだしも、はじめての海外、しかも乗り換え5分
嫌な予感、、

しかも指定席ではないのがさらに怖い

結局

サンタルチアを19時に出る事に

夕暮れのVeneziaを撮りたくて


また行ったw

結局、夕食も取れず駅に向かい
ゲートナンバーが表示された瞬間ダッシュ
余裕で座れたが最期のほうの人はやはり席がない、、

この時点で次の駅の乗り換えがさらに嫌な予感、、、

1時間半ほど走り駅に着いた瞬間にゲートを確認して猛ダッシュしたが、、

時すでに遅し

恐れていた展開に

立ちである

しかも朝の銀座線のように詰め込まれた人、人、人

終わった

、2時間立ち

どこかで座れたらいいかなぐらいで出発した
次の駅に止まり、開いたドアがなかなか閉まらず 車内もザワザワ 何がなんだかわからんが 動かない イタリアの列車が遅れるとはこのこと?

いや それでも止まりすぎ 30分は超えている

車内もみんなぐったりしているが結局45分ぐらい止まっていた、

せっかくのイタリアの思い出が台無しじゃないか!!

そんなこんなでミラノに着いたのは23時半、、

死亡レベル

歩き疲れた上に精神的にもダメージされた状況でもお腹は減るが

流石に探して食べに行く気力はなく

近くを探す事に

ミラノ初日にリゾットを食べに行く途中に陽気な呼び込みがいた事を覚えてますか?!

えー今日も陽気ですわ

疲れた体はもうなんでもいいからと悲鳴をあげ

言われるがままに入店

見た目はまぁピザって書いてあるし イタリアらしい店なのでいいかな??

そしたらこの席がいいよ!と言われた席

別に普通だけどな、、

まぁ見渡しても客がいない

何人か入ってくるがテイクアウトか食べずに帰る客がチラホラ

喉も渇いたしメニューを見る前に飲み物だけ頼み

メニューを見た

えっ??

は?

ピザ パスタ ほとんど30ユーロをこえてる

このあたりで なんかやばそうな店だなと思い、とりあえず10ユーロのマルゲリータを注文

イカのフリットを食べたかったかメニューになく聞いたけど何を言ってるかわからんがやたら肉が最高とすすめてくる、、

めっちゃ怪しいと思ってたら

大ジョッキに並々のビール

は?流石にそんなの頼んでない!って断ったらそのまま中ジョッキに移し替えて出してくるし、、

まぁ見た目普通のマルゲリータ

ここはイタリアだろ??

味はビミョーだし硬いし

どこで作ってるんだろ?とカウンターの中に全開のレンジが見える

嘘だ!と思い

店を調べたら

目を疑う口コミだらけ

最悪

ぼったくり

レンチン ←まじかー

ビールは大ジョッキを勝手に持ってきて20ユーロ←ばかやろう何が2700円だ
無理やりソファー席に連れて行かれVIP席料金取る
店員と喧嘩になったが食べたしやたらコワモテが出てくる みたいな口コミばっかり

最高のぼったくり店

読めば読むほど面白い口コミばかり

結局怪しいと気づいたから25ユーロぐらいで済んだけどみんな冷凍に100ユーロ以上払ったという口コミも

100ユーロって
フィレンツェで食べた最高の肉を食べたレストランと同じぐらいだぞ!!

そしたら 日本人2人が入って来た

やたらソファーをすすめられるが流石に断ってた

同じように パスタ ピザ 肉 最高!とカタコトのニホンゴで喋る店員、

メニューを見ておかしいとおもわないのか??
なんかカルボナーラ的なパスタを頼んだので
見ていたら

完全冷凍 袋をばっとあけてレンジにバン

付け合わせのポテトも塩コショウをめちゃくちゃふりまくる、、

一回出したパスタ できてないのかもう一度チン 得意げに出したパスタ

どんな反応をするか見ていたら

ん??

みたいな顔してた

めっちゃ美味い!って言わないだけでホッとした、それ冷凍だよっていいたかったけどイタリアの思い出が最悪になってしまったら可愛そうだなって思い僕たちは席を立った

席代も普通の店よりも高かった

けど

イタリアでこんな店も経験できていい思い出だなって だって多分イタリアのブログ一番この回が長いからねw

ミラノ駅近くの陽気な呼び込みがいるピザ屋さんは絶対に行かないでね!!

日本人二人は100ユーロ払ってるから

そんな最悪な思い出が最後の夜なんてね

次の日は帰国

全くミラノにいい思い出が ない

最後のイタリア

ミラノといえばドゥオモ

行きたかったピザ スポンティーニ←原宿にあるみたい

前日食べたピザとは全く違ったフワッフワでとろけるチーズ

やっぱり美味しい店には人が集まる

これ間違いない

あとは

最後に財布だけ買って

イタリアの旅も終了ー

嫌な思い出もいい思い出

心から今回のイタリア 良かったと思う

ローマ
フィレンツェ
ベネチア
ミラノ

ツアーではなく調べて 行きたいとこに行く

自由だけど無駄もある

そんな旅の仕方が自分らしい

また行きたい 国

イタリア

皆さんも是非!!

そこには素敵な景色

最高の食事(一部除く)

優しい人(一部除く)w

があるから

では!

グラッチェ